不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

中学生の子供が不登校でゲーム三昧・・生活を立て直すことはできる?

   

不登校になると、ゲームをひたすら続ける「ゲーム三昧」の状態になってしまう子供は多いです。「親が注意しても生活を直さず、ひたすらゲーム」という状況に、困っている保護者の方もいると思います。

ゲーム三昧の原因は子供それぞれで異なりますが、根本的な部分は多くの子供で共通することが多いです。ここでは「子供のゲーム生活を改善するために、親ができること」を紹介します。

怒ってしまうのは、逆効果

中学生の子供が不登校になってゲーム三昧をしているとき、つい怒ってしまうことがあると思います。ただ、これは逆効果になることが多いです。

子供がゲーム三昧になってしまうのは、「ゲームしか、逃げる場所がないため」です。「誰も頼れない」「友達がいない」「親も自分を理解してくれない」のように子供が感じると、現実から逃げるためにゲームをすることが多いのです。

つまり子供を叱ってしまうと、「やっぱり親は分かってくれない」と感じて、さらに自分の殻に閉じこもってしまうのです。

親が子供を信じて、明るく過ごすことが大切

子供が不登校になってしまう原因は、人それぞれさまざまです。ただ、親が原因となっていることもよくあります。

両親が家庭内で、重苦しい雰囲気になっていないでしょうか。子供を叱ってしまったり、ストレスから落ち込んだりしていると、子供にもマイナスの影響があります。

これを改善するためには、まずは子供を信じて、見守るように心掛けてみてください。そして、親が明るい気持ちで、楽しく過ごすようにすると良いです。

子供が困ってしまったときに、親が子供を信じて受け止めるようにすれば、きっと子供は親を頼ってくれるようになります。そして、ゲームに逃げなくなります。また、親が明るく楽しく過ごすことで、子供にもプラスの影響があります。子供も「明るく楽しい親と、一緒に過ごしたい」と考えやすくなります。

もちろん明るく過ごし始めても、すぐには状況が変わらないかもしれません。ですが親がどっしり構えて過ごしていることで、子供はきっと良い方向へ進み始めるはずです。少しずつ口を聞いてくれるようになったり、勉強に対して前向きになってくれたりします。

場合によっては子供がすぐに気持ちを変えてくれることもあります。まずは親が意識と行動を変えるように心掛けてみてくださいね。

ゲーム三昧の生活が、ずっと続くわけではない

ここでは、ゲーム三昧の子供に対する接し方について紹介してきました。子供を信じて、見守る気持ちをもって接してみてください。そして明るく過ごしていれば、きっと子供も「最近両親の様子が変わった」と感じてくれるはずです。

今はゲーム三昧の状況でも、それはずっと続くわけではないです。上のように親が行動を改善していれば、子供の行動も変わります。ぜひ気をつけてみて欲しいと思います。

また、勉強する気持ちが湧いてきたときにおすすめの通信教育も、別ページで紹介しています。参考にしてみてください。
>>「おすすめの通信教育はどれ?人気の教材を比較してみました

 - 保護者向け , ,