不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

不登校で勉強がストレスになる場合の原因と対処方法

      2017/03/16

不登校で過ごしていると、勉強をすることがストレスに感じる場合があります。「勉強しないといけないのは分かっている。でも、勉強をする気になれない」という状態です。

この場合人によって状況は異なりますが、やり方次第ではストレスを感じることなく、やる気を回復させられる場合があります。ここでは、「不登校で勉強がストレスになる場合の対処方法」について紹介します。

勉強がストレスになる原因

最初に、なぜ勉強がストレスになるのでしょうか。これには大きく分けて、3つの原因があります。

  • 勉強を理解できないことに、不安を感じる。
  • 頭を使って考えるのが、大変に感じる。
  • これまでの「分からない」という経験から、勉強を嫌になっている。

この3つです。つまり「分からない」「面倒」「自分には無理」という3つの気持ちが、勉強がストレスになる主な原因です。この状況を直すには、気持ちを「これなら分かる」「これくらいならできる」「自分でもできるんだ」のように切り替える必要があります。

人によっては、「そんなこと、なかなかできないんじゃない?」と思うかもしれません。ですが「取り組み方」を変えることで、勉強のストレスを小さくすることはできるのです。

すごく簡単な問題から始めてみる

まずは「分かる!」という経験をするために、簡単な問題から始めてみましょう

たとえば「11+13」という計算があったとします。答は24ですよね。「これくらいなら、さすがに暗算でできるよ」という人は多いのではないでしょうか。

でも、小さなころはこうした計算でも、つまずいていたのですよ。そこから少しずつレベルアップして、今のように「簡単だ」と思えるようになったのです。

こうした簡単な問題をやり直しても、すぐに中学校の勉強が分かるようにはなりません。ただ、こうした簡単な問題が少しずつ積み重なって、中学校の内容を理解することができます。

勉強にストレスを感じている場合には、まずは「すごくカンタン」と思えるレベルの問題から始めてみてくださいね。勉強に対して「簡単、分かる!」と感じ続けることで、これまでずっと感じていた「勉強ってとにかく難しい。分からない」という気持ちを、切り替えるのです。そうすればストレスが減って、前向きに勉強できるようになります。

まずは3分だけ勉強すればいい

「今から長い時間、勉強しないといけないな〜」という気持ちも、勉強のストレスにつながりやすいです。そのため最初に勉強する時間は「5分」でかまいません。「3分」でもいいです。

「3分くらいならカップラーメン作ってる間に終わるから、勉強するよ!」と思えるのではないでしょうか。

今まで「あ〜勉強は嫌だ」と思ってペンを持つのも嫌だったのが、「3分ならできる!」と思ってペンをパッと手に持たなかったでしょうか。

勉強を始める前に「大変な時間が始まる・・」とイメージしてしまうと、やる気はみるみる落ちてしまうものなのです。でも3分で終わる勉強のように「ラクにできる!」とイメージできると、勉強できるようになるのですね。

3分では、ほとんど勉強は進まないかもしれません。でも、3分の勉強をできるようになると、次は4分できるようになります。4分できるようになると、5分でも大丈夫になります。これが進んでいくと、15分や30分、60分と勉強が続くようになるのです。

なので、まずは3分で大丈夫です。3分でも勉強できたら、今まで勉強できていなかったのだから、スゴイ前進ですよね。私もこうして色んな勉強を乗り切ってきました。ぜひこのテクニックを使ってみてほしいと思います。

上の2つを繰り返すと、「自分でもできるんだ!」につながる

すごく簡単な問題を3分解くことから始めて、1日ずつ、少しで良いので「勉強時間」と「解く問題のレベル」を上げてみてください。だんだんと「自分でも勉強が分かるんだ。勉強できるんだ」という実感がわいてくるはずです。そしてしっかりとした「自分もやればできる!」という感覚に変わります。

ここまできたら、勉強を大きなストレスに感じることはなくなっているはずです。もちろん勉強をするときには「勉強しないといけない」と気合いを入れる必要はあるかもしれません。ですが以前のように、「勉強をする気がまったく起きない」ということはないはずです。

この段階では、今まで動かなかった重いボールが、少しずつ転がるようになってきています。あとは少しずつ押す力を強くして、どんどん転がるようにしましょう。そうすれば自然に勉強できるようになり、「頑張ってみよう」と思えるはずです。

勉強は誰でもストレスを感じるもの。少しずつ進めよう

ここでは、「不登校の人が勉強をストレスに感じる場合の対処法」について紹介しました。

「分からない」「面倒」「自分には無理」という3つの気持ちを上手く切り替えることで、勉強のストレスを小さくすることができます。

勉強にストレスを感じることは、誰でもあります。ぜひ紹介した方法で、じっくり取り組んでみてほしいと思います。そうすればきっと数週間後や1ヶ月もすれば、大きなレベルアップができているはずですよ。

また、勉強に使うと良いおすすめの通信教育も、別ページで紹介しています。参考にしてみてくださいね。
>>「おすすめの通信教育はどれ?人気の教材を比較してみました」

 - 通信教育での学び方 , , ,