不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

通信教育で勉強を始めるときの勉強方法は?どう取り組むといい?

   

スタディサプリや進研ゼミなどの通信教育で勉強を始めるとき、「どう使ったらいいんだろう」と迷うことがあるかもしれません。取り組みかた、勉強のしかたを知っておくことで、これからの勉強をスムーズに進めることができます。

ここでは、「通信教育を使ってどう勉強を進めると良いか」について紹介します。教材を使いこなして、しっかり実力をアップさせてほしいと思います。

無理しないで、基本から取り組もう

通信教育で勉強するときには、まずは「無理をしない」ということが大切です。通信教育はさまざまな学力の人が勉強できるように作られています。そのため、中には難しい問題も含まれています。

でも、不登校で家で勉強する場合は、自分で理解しないといけないことも多いですよね。なので、まずは無理せずに「基本問題」を中心に取り組むと良いです。そして余裕があれば、「練習問題」にも取り組んでおきましょう。

学校のテストや定期的に行われる「全県模試」などでは、基本〜標準レベルの問題を解けるようになれば、点数をある程度取ることができます。むやみと難しい問題に取り組むよりも、まずは70点レベルを狙うようにすれば、大変な思いをせずに、しっかりと力をつけていくことができます。

また、こうした基本問題や練習問題のレベルなら、スタディサプリの解説を聞いたり、進研ゼミの解答を見たりすれば理解できるはずです。もし分からない場合、もっと前の部分から分からなくなっている可能性があります。もう少し戻って勉強してみてくださいね。

勉強する時間を決めよう。1日2〜3時間が目安

次に、「勉強に取り組む時間」を決めておきましょう。「自分は朝型だ」と思うなら「朝10〜12時は勉強する!」と決めると良いです。時間を決めておくことで、「メリハリ」をつけることができるようになります。人は誰しもなまけてしまうものなので、「気が向いたらやろう」と思っていると、なかなか勉強に取り組む気になれません

勉強をこれから始める場合、まずは1日1時間で良いと思います。そして勉強に慣れてきたら、1日2〜3時間勉強できると良いです。1日3時間以上勉強することができれば、学校に通う友達にも追いつきやすくなりますよ。スタディサプリや進研ゼミは、教材の質がとても良いので、家でもしっかり力をつけることができます。

復習する時間を取ろう

勉強を進めるのと合わせて、「復習する時間」も取ると良いです。

1度学んでも、内容を忘れてしまうことがありますよね。これはみんな同じです。頭がいいと言われている人でも、内容を忘れることはあるものなのです。そのため、定期的に復習することが大切です。

復習はできれば問題を解き直せると良いですが、全て解き直して復習しようとすると、とても時間がかかります。そのためざっと見直しをするだけでも、良い復習になります。定期的に復習を取り入れて、学んだことを保つようにしましょう。

復習することで、質の良い通信教育の問題を、しっかり自分のものにすることができますよ!

勉強のしかたを身に付けて、通信教育を進めよう

このようにして通信教育に取り組めば、きっとあなたの実力はぐっと伸びるはずです。勉強は続けるほど理解しやすく、スムーズに力が伸びるようになります。

最初はちょっと大変に感じるかもしれませんが、まずは理解できる部分から取りかかっていきましょう。少しでも前に進めたら、すごいことだと思います。「今まで勉強できなかったのに、1時間勉強できた」「分からなかったところが、分かるようになった」ということが積み重なっていくと、気付かないうちに大きな力になっているはずです。頑張ってくださいね。

不登校の中学生さんに合ったおすすめの通信教育を比べて紹介しています。参考にしてみてくださいね。
>>「おすすめの通信教育はどれ?人気の教材を比較してみました」

 - 通信教育での学び方 , , ,