不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

スタディサプリを使うときには、これを用意しておこう

      2019/11/06

プロの先生による動画授業をスマホで見ることができる「スタディサプリ」は、私の一番おすすめの通信教育です。テキストに書き込んで勉強する進研ゼミも良いのですが、動画の授業形式で勉強するほうが、効果が高いです。スタディサプリは小・中の全科目、全学年の内容を学べるのに月980円(税抜)とビックリするような低価格です。

スタディサプリは前もって準備を整えておくと使いやすいです。ここでは、スタディサプリを使う前に用意しておくべきものを紹介します。

スタディサプリを学ぶのに準備するもの

スタディサプリを使って学ぶために準備するものは、次のとおりです。全て確認してくださいね。

  • スマホかタブレット。
  • スマホやタブレットをWiFiにつないでおく。
  • テキストをダウンロード、もしくは印刷。
  • ノートと学校のワーク。

それぞれについて、詳しく説明します。

スマホかタブレット

スタディサプリはYouTubeのように、プロの先生による授業を「動画」で見ることができます。動画を見るためにはスマホやタブレット、パソコンが必要。3つのうちどれかを用意してくださいね。

不登校の場合、スマホやタブレットを使ってゲームをしたり、YouTubeを見たりすることがあると思います。なので、スマホやタブレットがおすすめです。

スマホやタブレットをWiFiにつないでおく

スマホやタブレットを用意したら、家の「WiFi」でインターネットにつないでおきましょう。スマホはWiFiがなくてもネットにつながりますが、「通信制限(つうしんせいげん)」というものがあり、動画を見ていると制限に引っかかってしまいます。

WiFiでネットにつなぐと、「途中で動画が止まってしまう」ということがないので、用意しておいてくださいね。ニンテンドーDSやPSPなどをWiFiにつなぐときと同じように、スマホやタブレットもWiFiにつなぐことができます。

テキストをダウンロード、もしくは印刷

スタディサプリは授業に合わせたテキストを、無料でダウンロードすることができます。これを見ながら勉強するか、できれば印刷しておくと良いです。印刷しておくと授業を見ながら練習問題を解くことができます。

また、スタディサプリのテキストは、冊子になったものを購入することもできます。ただ、1冊につき1,200円と、少し高いです。スタディサプリの毎月の料金より高いので、まずは印刷して勉強するのがおすすめです。

ノートと学校のワーク

テキストと合わせて「ノート」と「学校のワーク」も用意しておくと良いです。たとえばスタディサプリで数学の「正の数・負の数」というところを勉強したら、ワークの同じ単元を解くようにします。また、授業を見て理解したことをノートにまとめていくのも良いと思います。

ノートとワークを用意しておくことで、より効果的にスタディサプリを活用できるようになりますよ^^

準備を整えて、勉強を始めよう

こうして準備を整えたら、スタディサプリを使って勉強を進めてみてください。「動画を見て、練習問題を解く」というサイクルを繰り返せば、きっと大きく力を伸ばすことができるはずです。

スタディサプリは安くて効果的な勉強をすることができるので、不登校でも勉強しやすくてとてもオススメです。「毎日スタディサプリの動画を見て勉強しよう」と決めて、コツコツ取り組んでみてくださいね。

>>スタディサプリ公式サイトはこちらから

 - 通信教育での学び方