不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

不登校で通信教育で勉強する場合、分からない場合どうする?質問は?

      2017/03/16

不登校で通信教育を場合、自分で勉強を進める必要がありますよね。スムーズに理解できればいいいのですが、ときには分からないことが出てくる場合もあると思います。

このときには「誰かに質問したい」と思うときもありますよね。誰に質問していいか分からずに勉強が止まってしまうと、そのまま勉強自体をあきらめてしまうことにもなりかねません。

そこでここでは、「通信教育を勉強していて分からない場合」にどうするべきかを紹介します。これを知ってから勉強すると、挫折せずに通信教育を進めやすくなりますよ。

できれば、学校の先生か友達を頼る

まずは簡単にできる方法として、「学校の先生」か「友達」を頼ると良いです。あなたが勉強する気になっていれば、きっと先生や友達は力になってくれるはずです。「質問できる友達はいないけど、先生は嫌いじゃなかった」「先生は苦手だったけど、友達とは仲良くしていた」のような場合には、先生か友達どちらかを頼ってみましょう。

最初に質問するときには、勇気が必要かもしれません。でも、もしあなたが誰かから質問されたときのことをイメージしてみてください。きっと「その人のために教えよう」「頼りにされて嬉しい」と感じるのではないでしょうか。

つまり質問するときには「嫌がられるのではないか」と思うかもしれませんが、意外と頼られた人は嬉しいものなのです。ぜひ勇気を出して、質問してみてほしいと思います。

進研ゼミなら質問ができる

通信教育で人気の教材に「真剣ゼミ」があります。進研ゼミは電話で質問することができるのを知っていますか?「分からないところがあるので質問したいです」と電話で伝えると、その部分を教えてもらうことができますよ。

自分だけで進めるのが苦手な場合には、進研ゼミはおすすめです。電話での質問は無料なので、分からなくなったら気軽に活用してみてくださいね。

また、質問するときには「何月号なのか」「何の科目なのか」「分からない部分のページ数」「どう分からないのか」をはっきりさせておくと良いですよ。より進研ゼミのスタッフの人も、アドバイスしやすくなります。

分からないところはひとまず飛ばす

「分からないところはひとまず飛ばす」というのも、良い勉強のしかたです。

「分からないところを飛ばしたら、分からないままじゃないの?」

と思うかもしれません。たしかにそうですが、しばらく勉強を進めてから、戻って勉強してみましょう。すると「意外に分かった」ということがあるはずです。

勉強を続けると、人はレベルアップします。小学校の内容も、昔は難しかったはずなのです。でも勉強を進めて、より難しいことを勉強するようになったら、簡単に感じられるようになります

これと同じで、「どうしても分からない」という部分があれば、ひとまず飛ばしておくと良いですよ。ただ、少し考えて「分からない」とすぐに次へ進もうとすると、「全部分からない」となってしまいます(汗)気をつけて、じっくりと考えるクセはつけてほしいと思います。

分からない部分が出にくい教材を使う

分からない点が出にくい教材を使うことも大切です。私がおすすめするのは「スタディサプリ」という教材です。月980円(税抜)で小学校と中学校の全学年・全科目の勉強をすることができます。

スタディサプリはスマホで「プロの先生による動画授業」を見ることができるのですが、これがとても分かりやすいです。プロの先生は「分かりやすく伝える力」がとても高いです。動画の説明を何度か見るようにすると、「あ、分かった」と思えるようになるはずですよ。

分からなくなったときの準備をしておこう

ここでは、「通信教育を勉強していて、分からなくなったときにどうするか」について説明してきました。学校にはすぐに行かなくて良いですが、先生や友達を頼ってみてほしいと思います。また、質問ができる「進研ゼミ」や動画で分かりやすく学べる「スタディサプリ」を活用してほしいと思います。

こうして準備しておくと、通信教育を勉強している途中で分からなくなり、勉強でつまずくことが少なくなります。ぜひ勉強に頑張って取り組んでみてくださいね。

また、勉強に使うと良いおすすめの通信教育も、別ページで紹介しています。参考にしてみてくださいね。
>>「おすすめの通信教育はどれ?人気の教材を比較してみました」

 - 通信教育での学び方 ,