不登校の中学生のための通信教育

不登校の生徒さんにおすすめの通信教育をご紹介しています。

*

不登校で成績が悪い中学生・挽回して学校に追いつくことはできる?

      2019/11/06

不登校になって家で過ごしていると、成績が悪くなってしまうことがあります。また、成績が悪いことから不登校になってしまうこともあります。

学校に行かないと、学校の先生による授業を聞かないので、「勉強がどんどん遅れてしまう気持ち」になると思います。不安な気持ちがあると思いますが、ひとまず落ち着いてじっくりと今の状況に向き合いましょう。ここからでも挽回することはできます。

ここでは、「不登校で成績が悪いときにどうするべきか」について紹介します。

不登校でも成績を上げることはできる

まず、不登校で成績が悪い状況でも、これから成績を上げることはできます。もちろん勉強をすることは必要ですが、中学校に通って先生の授業を聞かなくても、必要なことを学ぶことはできるのです。

中学校では朝9時前くらいから授業が始まって、そこから夕方4時(16時)くらいまで学校で過ごします。ですが、よく考えてみると、数学や英語の授業以外に「体育」や「昼休み」「音楽」「家庭」など、色んな授業がありますよね。英・数・国・社・理の5教科を勉強している時間は、1日に3〜4時間ほどだと思います。

家で勉強しようとすると、3〜4時間は集中力がもたないことが多いと思います。ですが、「朝に1時間半、昼から1時間半」のように勉強すると、3時間の勉強をすることができます

いきなり3時間の勉強をするのは大変かもしれません。なので「成績を上げたい」と思うなら、まずは1時間や2時間でも良いので、少しずつ勉強を始めることをおすすめします。

「独学」で勉強する場合

勉強のしかたは大きく2つに分かれます。「独学」と「塾や家庭教師を利用する場合」です。

独学で学ぶ場合は、「教科書」と「ワーク」を用意して、分からなくなったところから順番に復習をすると良いです。落ち着いてじっくり理解するようにすれば、少しずつ分かるようになるはずです。もし頼れるようなら、学校の先生や友達に質問や相談ができるとよりスムーズです。

また、「スタディサプリ」というサービスは、スマホで「プロの先生による動画授業」を見ることができます。月980円(税抜)で利用できて、中1〜3年全ての内容を学べます。とても安いので、動画授業を見て勉強を進めるのはおすすめです。スタディサプリは2週間の無料おためしができるので、一度ためしてみるのも良いと思います。

>>リクルートの「スタディサプリ」公式サイト

「塾」や「家庭教師」を利用する場合

塾や家庭教師を利用するのも良いと思います。塾の費用は月1万5千円ほど、家庭教師は月2〜3万円ほどです。

塾は通う必要があり、学校とは違う人間関係の中で勉強できます。不登校の理由が「人間関係」でないなら、塾は良いと思います。

人間関係が苦手なら、家庭教師がおすすめです。先生に1対1で教えてもらうことができるので、理解できるようにじっくりと教えてもらうことができます。また、家庭教師の先生が「精神的な支え」になってくれることもあります。

「家庭教師のあすなろ」は、比較的料金が安いです。あすなろは教材の販売もしていますが、教材は買わないほうが良いと思います。教科書・ワークで十分です。あすなろも無料で体験をすることができるので、興味があれば体験してみると良いと思います。

>>「家庭教師のあすなろ」公式サイト

塾も家庭教師も、ある程度の費用がかかります。ただ、「これから気持ちを切り替えて、勉強を頑張ろう」と思うなら、利用してみる価値はあると思います。やるべき勉強は塾や家庭教師の先生が指示してくれるので、まずはそれを頑張ってこなしてみてくださいね。

成績は上がる!少しずつ始めよう

ここでは、不登校で成績が悪い場合の対処方法について紹介してきました。

不登校で成績が悪い状態でも、成績を伸ばすことはできます。きちんと勉強する時間を取り、コツコツと勉強していきましょう。まずは1〜2時間くらい勉強できると良いと思います。そこから慣れてきたら、3時間に増やしてみましょう。分かるようになってくると、勉強にも興味が出てくるかもしれませんね。

紹介した「スタディサプリ」というサービスは、月980円(税抜)ととても安く、スマホで手軽に学ぶことができます。これからの勉強に役立つと思うので、良ければ使ってみてくださいね。

>>リクルートの「スタディサプリ」公式サイト

 - 日常生活のポイント , ,